春色に染まる校舎
これから置き忘れる世界
長髪ゆらす君はつぶやく
「遠回りをしよう?」

花びらが散るみたいに
ひらひら離れ 近づいて
ただそうして ボクらここで繋がったんだ

季節が急かしたように 背中を押した通学路
将来の夢 未来像 君の設計図
テストによく出るよ

許されたいことばっかで
見失うことばっかのこの手に
未来なんてまだ託せないのに

ボロボロになったペンと教科書
予鈴逃した自転車
君を傷つけたあの落書き

大嫌いなはずなのに
目を塞ぎたいわけでもない
書きかけの御話は
いつもあの放課後の向こう

おとぎの話みたいな
奇跡は持ち合わせちゃいない
ただ不確かな今日とそれに続く明日が
あったくらいの世界

「ろくな思い出もないや」
君を寂しそうにさせる
でも これがボクに言える精一杯なんだ

誰かの投げやりなものさしで
狂いない直径を計るんだ
この世界の定めたい基準と
行き場ないボクたちのズレた未来を

そしたら言葉が自由に使えなくなったっけ
喉から出られない 「寂しい」

鳴り止まぬ後悔とリコーダー
鞄の奥の通信簿
屋上で踏みつぶした三限目

素直になれない心を捨てられぬまま
言えなかった言葉は
君とふたり歩き出す未来

傷つけ合った 苦しめ合った
数えきれないほどに悔やんだ
ひとりになった 君と出会った
大人になっていた
やり直しなんてない もう戻れもしない
桜色 新しい景色を染める

ボロボロになったペンと教科書
予鈴逃した自転車
素直になればそばにいられた?

さよなら ボクらの
ボクらだけの1ページ
これからの御話は
この扉を開いた向こう